Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.11.18

In The Baggage

RIEFE JEWELLERY フェアスタート

11月19日(金)から11月28日(日)まで、RIEFE JEWELLERY(リーフェジュエリー)のフェアを開催します。以前イベントを開催した際も大変好評をいただいており、ファンの方も増え待望のフェア開催となります。

今回のフェアでは、まだ世に出ていない年明けに発表となる新作の4th コレクションをいち早くご覧いただくオーダー会。そして、同時に即売会を開催し、1st 2nd 3rdの今までのコレクションのベストセラーアイテムをラインナップしご紹介いたします。RIEFE JEWELLERY(リーフェジュエリー)のフルコレクションをご覧いただく希少な機会となっていますので、ぜひ足をお運びいただきたいと思います。

RIEFE JEWELLERY(リーフェジュエリー)との出会いは3年前。ブランドからお誘いを受け、展示会でご紹介頂いたのが出会いでした。展示会前に出向く前にウェブサイトで見たブランドのイメージヴィジュアルはとてもファッショナブル。それは良いとしてもハードでフェティッシュな雰囲気も。イメージを見るだけでは展開が厳しいブランドなのかなと感じましたが展示会に出向きました。展示会に行き実際のジュエリーを見て触れてわかったのが、ヴィジュアルイメージから感じるハードさよりも、ぱっと見た時に感じるのはとても丁寧に作られたハイクオリティなジュエリーということ。地金と石のセッティングの精巧さ。触れてみると磨きが美しく肌へのフィット感が素晴らしい。直接肌に触れるということをよく考えられていて、金属なのに肌へのあたりが心地よい。実は実直につくられているというベースがあるブランドということが実際に見て触れて感じられました。RIEFE JEWELLERY(リーフェジュエリー)はファッショナブルなイメージの根底にあるのはハイクオリティ。デザインの素敵さの前提あるのはしっかりとした製品力です。そこを魅力に感じ展開をスタートし、このようなイベントを企画することとなりました。「デザインの強さ」はラグジュアリーな製品にありがちな、良いつくりのもの=コンサバ、ということにならず、今を生きる私たちにちょうど良いバランス感のジュエリーなのです。

デザイナーは「女性のしわを美しく見せるジュエリーをつくりたい」と話し、歳を重ねて女性が美しく見えるジュエリーを目指しています。年を重ねてさらに自分自身が輝くためのジュエリーをぜひ皆さまにご紹介したいと思います。