Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.11.15

Note For You

KARL DONOGHUE(カールドノヒュー)

自分のなかの血中フェミニン度を上げたいときに、必ず見る映画「男と女」。女主人公アンヌを演じる女優アヌーク・エーメの憂いを帯びたたたずまいが、息をのむほどにうつくしい。山場のないストーリーを飽きさせない映像が、たとえようもなくうつくしい。この映画を知らないひとでも「ああ、あれね。」と思わず口ずさむ、メランコリックなテーマソングがうつくしい______そう、なにひとつ悪いところがない非常にインスパイアリングな一本なのだ。見終えたあとに思うのは、「ああ、今すぐにムートンを買わなくては!」ということ。劇中アンヌが着こなす、時にシック、時にカジュアルなムートン・ルックを見るにつけ、今すぐにも真似しなくちゃいけない、というオブセッションめいた感情がわいてくる。
アンヌが着ているのは、ランチコートと呼びたいような、昔ながらのどっしりとしたもので、彼女の端正な女性らしさとのコントラストが晴らしいと思うけど、ヘビーな感はどうしても否めない。今回着たKARL DONOGHUE(カールドノヒュー)のムートンは、まるで羽根のように軽くてやわらかい。現代を生きる「女」たちを、やさしく温かく包み込んでくれるから素敵だ。