Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.10.08

Note For You

LAUREN MANOOGIAN(ローレンマヌーギアン)

ブルックリンをベースとするLauren Manoogian(ローレンマヌーギアン)は心のそこから好きなブランドだ。私は「アメリカ」という概念が大好きなんだけど、ヨーロッパのそれとはまた違うアメリカっぽさ___ダイナミックで、突き抜けていて、シンプルな明快さが、性格や嗜好に合っているんだな、と自己分析している。Lauren Manoogian(ローレンマヌーギアン)も誤解を恐れずに言えばどこかはちゃめちゃというのだろうか、「この素材しか使わない。」「この色しか使わない。」とか、そこまでする?しちゃう??というものづくりのスピリットに、アメリカ好きの心はぎゅーっと掴まれてしまう。写真のポンチョはアルパカで、「野趣溢れる。」とも、「上質な素材を贅沢に使って。」とも表現できてしまうキャパシティがある。今日の気分はCHIMALA(チマラ)のダメージデニムだったけど、上質で繊細なウールクレープのワイドパンツを合わせるのも楽しみ。ポンチョ、というのもまた独特なアイテムで、ユニークなフォルムのおもしろさや個性的な素材を存分に楽しめるシンプルさがいいというのもあるが、インに色々着こむことができるから、秋冬のあいだ長期間楽しめるのもうれしい。
自由奔放に見えて実はとても本質的でもある、Lauren Manoogian(ローレンマヌーギアン)ブランドと、ポンチョ。これらふたつの魅力にぜひ出会ってみて。