Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.09.28

Note For You

AKIRANAKA (アキラナカ)

この長引く状況下のなか、クローゼットの中、全部が全部、実用的なものばかりではつまらない。この秋は少しずつ、おしゃれの高揚感を取り戻して欲しいと思っています。そんな気分をあげてくれるもののひとつが、スカート。スカートならではの華やかさや女性らしさを味わいながら、今年らしい洗練された着こなしを楽しみましょう。

デザイナー、AKIRANAKA(アキラナカ)の周りには、専門的な技術を持った職人的な方たちが、デザインチームに関わっていると聞きます。刺繍家やプリントの技術に特化した方など。きっとこのスカートもそんな職人の技を組み込まれながら完成したのだと思う。繊細なプリントだけど奥行きを感じさせてくれるプリント。複雑に切り替えしてある、立体裁断による構築的なシルエット。スカートを履くというよりは、まるでアートを見に纏うような感覚になります。

鮮やかなイエローベースのスカートに合わせたのはJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のベーシックな黒のタートル。技巧的なボトムに、あえてベーシックなタートルを合わせるスタイリングが私のいまの気分。最先端のデザインと、200年以上続く歴史のあるスタンダードアイテムを合わせることで、お互いがもつ魅力を引きだすことが可能に。デザインだけでも、スタンダードだけでも、今の気分を満たしてくれることはないのです。

ファッションに関しては「不要不急」なものがあっていいと思います。取り入れただけで気持ちのあがるアイテムやスタイリングは、こんな時代だからこそ、とても必要なファクターだと感じています。