Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.08.03

Note For You

CHRISTIAN WIJNANTS (クリスチャンワイナンツ)

数年前引っ越しをした時に、大きめに計算したはずのクローゼットに入り切らず、泣く泣く断捨離をしたことを今でも思い出します。20年以上ファッションを生業にしてきていているので、ご想像どおりのものすごい数。いつまた着ることになるか分からないけど、それを手にした時の当時への思い入れが強すぎてなかなか手放せなかったものも、思い切って厳選してクローゼットに残しました。

その選ばれたものたちを眺めていると、どことなく共通点があることが分かりました。デザイナーやそれにまつわる人たちのこだわりと丁寧な仕事を感じられるものばかりが結果的に残っていくということが。

今日ご紹介するCHRISTIAN WIJNANTS(クリスチャンワイナンツ)のドレスも、クローゼットの一軍になるであろうこと間違いなしのプリントのドレス。新作が届いていてから、デニムやシャツなどにも反響を頂いていますが、プリントのファブリックを用いたものもCHRISTIAN WIJNANTS(クリスチャンワイナンツ)を代表するアイテム。

ハンドクラフト感たっぷりのプリントは、大量生産されていているようなそれとは一線を画すもの。タイムレスなムードが漂います。計算された構築的なシルエットなのに、日常づかいしやすいのも嬉しい。まるでアートを身に纏っているような感覚です。

今はもちろん、数十年経って髪が白くなったり、肌が枯れた時にでもかっこよく着ていたいなと思えるような一着です。シンプルなデザインだから、その時の気分で色々なレイヤードで表情をかえてスタイリングできるのも魅力。小物やシューズをブラックで統一して、見た目にも着ても美しいドレスを潔く着るのが、今の気分に一番フィットしているのかも。