Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.06.25

Note For You

NORMMENT(ノーメント)

「心地よく装う」。皆様が思う心地よさってどんなものだろう。シンプルでゆったりなリラックスカジュアル…そんなテンションゆるめ、というのが一般的なのかもしれない。でもそういう種類の着こなしだけが「心地良い」かというとちょっと違う。個人的にTシャツは大の苦手アイテムで、真夏でもどんなに暑くても、よほどのことがなければ着ない。着るときは、例外的にものすごく気に入ったものを、ものすごく工夫して着る感じ。えーTシャツを着ないなんて、と周囲は驚くばかりだけど、それを着ないことが「心地良い」のだから、仕方ない。

「着飾る」というのとは違う、「着こなす」装いがいい。向き合う相手をリスペクトする、手間暇を感じさせる装い。適度な緊張感を感じさせる装いこそが心地いい__もう何年もずっとそう思っている。今季デビューしたNORMMENT(ノーメント)はまさにそんな気分にドンズバで、これまでありそうでなかった世界観にちょっと感動してしまった。コットンとリネン、ざっくりした素材だから真夏にもぴったりなんだけど、いきなり「リゾート」とか「ナチュラルウェア」になってしまわないところがいい。着ていてとてもらくだけど、凛としたたたずまいを感じさせるのがいい。いつもの自分らしいと思えるのに、涼しい着心地なのが本当に、いい。「便利」や「楽ちん」、そしてその反対側の、お出かけ着としてのファッションも悪くはないと思う。いま「心地よく」思えるのは、着るひと自身の大切にしていることが透けて見えてくるような装い。知性や経験、こだわり、分別__それがかたちになったものが「センス」というものなんだろう。そんな”グッドセンス”で服を着こなす人たちを見るのは、なんとも目に涼やかで、心地良いものだ。