Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.06.17

In The Baggage

日本から海外へ

私が洋服の販売の仕事を始めた頃から今を比べると大きく変化したのがショップが関わる提案の幅。昔はピュアに洋服を提案していたのが、今はライフスタイルを総合的に提案することが普通となりました。今でこそ洋服の中にコスメが並ぶことが普通の光景なっていますが、昔コスメはデパートの専売特許。ドラッグストアにこんなにコスメってなかったような…。洋服屋は洋服専門で、雑貨があっても洋服にまつわる雑貨が並べられているのが普通の光景。この20年くらいで日本の洋服屋は単なる洋服の提案ではなく、ライフスタイルの提案型や、スペシャリティストアと言われるこだわりのアイテムをご紹介するショップが増えて、洋服屋の品揃えや光景も変化しました。

私が学生の頃ですから30年以上前、OLIVEという雑誌の小さな記事にパリのCOLETTEのコスメ担当の女性バイヤーをフォーカスする記事が載っていました。当時は今と比べて情報がないので、そんな小さな記事までワクワクし見ていた時代です。世界中の新進のコスメを探してラインナップしているという記事で、そこではバイヤーが発掘したオーストラリアのブランドをこれからCOLETTEで押していくという内容でそれはAESOPでした。30年以上前ですから、今のそのコスメのグローバルな広がり方を考えると、凄い成長ですよね。私は子供でしたから異国の小さな情報でも、全てがキラキラして見え、当時の日本のファンシーなコスメにはない格好良い薬品瓶みたいなボトルも、パリのセレクトショップのバイヤーという言葉も、日本でポピュラーではない海外のそれらが全て新鮮な時代でした。

時が経ち、日本の洋服もコスメも感度が上がり海外へエクスポートする時代。特にコスメのデザインセンスや効能は格段に上がっています。私たちが取り扱うBALLON(バロン)も海外のスペシャリティストアで大人気となっているブランド。世界のマーケットで日本の感性が認められるようになっています。元々アロマオーナメントのブランドから発展し、特許を取得した特殊電解還元イオンジェルのアロマスプレーで一躍大人気となっています。

BALLON(バロン)2009年設立。ブランド名はフランス語で気球を意味し、 世界を旅しているような、ゆったりとした時間を過ごせるようにという願いが込められています。 精巧な石膏のアロマオーナメントで高い評価を受け、日本国内だけでなく フランス、台湾、香港、中国、イギリス、北米など海外へも展開中。 そのデザイン性とクオリティは、パリのCOLETTE(クローズする以前展開)やミラノの10 CORSO COMOなど、 世界中の有名セレクトショップの注目を集めています。 パリコレクションブランドなどとのコラボレーションを発表するなど、 様々な分野とのコラボレーション商品を発表しています。2020年にはサスティナブルな社会への取り組みとして、ヴィーガンコスメにこだわった BALLONのコスメラインBALLON APOTHECARYでアロマスプレーを発表。 アロマオーナメントと並び、BALLONのシグネチャーとなっています。

RIVERUSでご紹介し大人気となっているBALLON(バロン)。ハンドクリーム、ハンドジェルもにっきですが、特にBALLON(バロン)はアロマスプレーがおすすめ。アロマスプレーは、なんと除菌に効果のあるエタノール70%と同等の効果があり、99.9%の除菌・抗菌・抗ウイルスの他、保湿・潤い効果も証明されている特殊な特許製法で開発された特殊電解還元性イオン水が成分。アルコール・防腐剤フリーのため、無毒・無刺激で肌に触れた瞬間に弱酸性となり、敏感肌の方にもおすすめです。マスクスプレーとして、ファブリックスプレーとして、お部屋の空気のリフレッシュや除菌にも。肌に触れても安全で、衣服なども傷まないのが嬉しい。これから暑くなりますし、マスクでの汗や菌が気になります。清潔と安心を保つためにぜひお試しいただきたいです。

アロマオーナメントから発展しコスメ発信しているBALLON(バロン)。インテリアの美意識から生まれているのでボトルのデザインも素敵なブランドです。コスメ先進国も認めているBALLON(バロン)をぜひお試しいただきたいと思います。