Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.08.07

Note For You

CHISTIAN WIJNANTS (クリスチャンワイナンツ)

夏の明るくて強い光の下で着る白。その潔さや清潔感は、どんな色でもかなわない白ならではが持っている魅力だと思っています。

CHIRISTIAN WIJNANTS(クリスチャンワイナンツ)の新作ブラウスは、プレフォールコレクションとして届いたものですが、デザインの特性を考えたら、いますぐにでも取り入れないわけにはいきません!

首元のボタンをとめたらスタンドカラー。外せばVネックに、というそれだけでも劇的に表情の変わるデザイン。その日の気分やスケジュールによってそれだけでもスタイリングの幅が広がります。フロント、バックスタイル、あらゆるところに細やかなギャザーが施されているので、360度、どのアングルから見ても美しい。肌触りは柔らかいのに、シルエットがしっかりいきている。このハリはまさに上質素材だからこそなせるわざ。

ネックラインや、ボディラインの美しいシルエット、スリーブのリボンモチーフ。一枚でサマになるアイテムだからこそ、重ね着が必要になるシーズンに突入する前に楽しみたい。とは言え、重ね着をしない=着こなしに奥行きが出しにくいので(冬場はカシミヤや重厚な素材感の力を味方にメリハリをつくれるのですが…)ボトムや小物でしっかりメリハリをつけていきましょう。VINCE (ヴィンス)から届いた新作のニットスカート。スッキリとしたシルエットと素材感がブラウスとのスタイリングにコントラストをもたらします。

CHIRISTIAN WIJNANTS(クリスチャンワイナンツ)のもつイメージやモード感あるシャツをより身近に、ボトムのムードも考慮して、足元はあえてスニーカーを選んでさらにコントラストを加えています。

ベーシックな白はもちろん素敵。でもそれだけではもったいない。ディテールや素材にひとひねりあるもので、この季節だから楽しめる白の魅力にはまってみるのも楽しいかもしれない。