Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.07.02

Note For You

DESTIN(ディスティン)

レオパード(=ヒョウ柄)ってすっごくナチュラルでしょ!

以前あるフレンチメゾンのスタッフにこう言われてすごくびっくりしたことがある。最近でこそ関西のなんとか、のようなたとえは減ったとはいえ、「ヒョウ柄」と「ナチュラル」は、私のなかで全然結びつかないものだったから。それでも彼のいう、
ね、ナチュラルでしょ。だって自然のなかにあるモチーフだから・・。
ということばには、ああそうか、たしかにそうだわ、と心から納得してしまった。そう思えてくると、主張があって強いレオパードプリントが、生き生きと伸びやかな“ナチュラル”に見えてきて、もともと好きだったヒョウ柄への愛着が、より一層深くなった。同じようなことは他にもいえて、個人的に愛してやまないネイティブアメリカンな柄も、色彩を洗練させてモチーフだけを生かしたシャツを見たときは、へえ!と心が躍った。ルーツに敬意はもちろん示しながらそれを知り、自由に組みあわせて着ることのおもしろさ______「醍醐味」とはこのことだと思う。

合わせたボトムはデニムに見えて実はスウェット。ステッチやボタン、しわや色抜け、穴に至るまで、すべてが「プリント」というなんともユニークなもの。デニムそのものとは真逆の、極上の履きごこちが素晴らしい。レオパードにクラッシュデニム、一見ハードに見える組み合わせ。現代風のアレンジを効かせて、ハードをナチュラルな気分で着る。醍醐味、である。