Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2022.09.01

In The Baggage

日本から世界へ

9月に入り本格的な秋がスタート。個性豊かなデザイナーの作品が充実いたしましたので、この秋は何を手に入れて新鮮に季節を楽しむかじっくりと吟味して頂きたいと思います。

前社の頃から海外で私たちが新しいと感じたものをバイイングしご紹介を続けてきたので、インポートの洋服を扱うショップのイメージが強いのですが、インポートブランドと合わせて注目をして頂きたいのが日本人デザイナーのコレクション。日本人のデザイナーの活躍が目覚ましい昨今は私たちはよりグローバルな視点でお店づくりをしていきたいと感じています。

MALAMUTE(マラミュート)もぜひご注目いただきたい日本人デザイナーの一人。昨年日本のファッションのコンペティションで賞を取り、この秋から海外でもセールスを行い海外進出を視野に入れているブランドです。今日本で最も注目を集めているデザイナーです。コレクションのほぼ全てにニットのテクニックを用い、どれを選んでもMALAMUTE(マラミュート)らしいエッセンスを感じられ、一つ一つが凝っていて新鮮で着てみたいと思わせるものばかり。エッジィさと柔らかさを感じられるそのデザインは、デザイナーのイメージや人柄とリンクしていて(ふわっとした中に強さを感じさせる方なので)、この方があってのこの作品なのだなといつも感心しています。

MALAMUTE(マラミュート)が、面白いな、魅力的だなと思うポイントはニット縛りでデザインをしランウェイもしているところ。布帛をメインにしたコレクションが多い中でとてもユニークな発想のブランドです。ちょっとしたところにもニットを使い、他にないデザインをつくり出しています。写真の袖口のように布帛のアイテムもニットのテクニックを入れることでMALAMUTE(マラミュート)らしくなる。常にブランドらしさを表現しようという姿勢が共感を持てるポイントです。

RIVERUSではMALAMUTE(マラミュート)以外にも日本のデザイナーのコレクションを展開していますが、たまたま良いなと感じて展開したブランドが世界で活躍、もしくは視野に入れて活動しています。私たちは広い世界をイメージしてチャレンジを止まないデザイナーや作品に魅力を感じご紹介をしています。彼らの作品は海外の舞台でも通用すると感じた価値ある洋服ばかりです。ぜひご注目ください。