Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2022.05.23

Note For You

ISABEL MARANT ETOILE(イザベルマランエトワール)

 

新しい服を手にしたときわくわくするのはもちろんですが、それを「どう」着ようか思い巡らすのもまた楽しい。“着回し”という視点からだけじゃなく、それを自分らしく楽しく、素敵に着る手法を発見したときの喜びは格別かもしれません。服に愛着が湧くし、「自分らしい」から、長く永く着られるのです。
今回着たISABEL MARANT ETOILE(エトワール)のブルーはラップデザインのドレス。着物のように前を合わせて重ね、ウエストのコードをくるっと巻いて留めるもので、やわらかな女性らしさを表現できる、永遠のデザインです。インにTシャツを着て、ボトムにはインディゴブルーのデニムを合わせ、ガウンのように羽織ります。「とても軽いジャケット」にもなるし、「長めのブラウス」にもなります。やわらかくてさらさらしたコットンファブリックが5月のさわやかな空気にぴったり。これを着る人だけでなく、着るあなたを見る人の気分さえフレッシュにしてくれる素敵なドレス___そんなふうに思います。

 

DRESS/ ISABEL MARANT ETOILE(イザベルマランエトワール)