Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2022.01.07

Note For You

KARL DONOGHUE(カールドノヒュー)

こういうスタイルしてみたい…と憧れているのが今回みたいな「スポーティー」。ADIDASとかNIKEとか、本気のスポーツブランドで全身まとめたうえで超スタイリッシュ、というのが理想だけど、サマザマな事情が許してくれず諦めている。ある日、友人の連れてきた愛娘がトラックスーツ(いわゆるジャージの上下)にスニーカー、ぴたりとまとめた髪にビッグサイズのフープピアスで佇んでいたりすると、そこだけ空気がニューヨーク。彼の地でプロを目指して舞踊に打ち込んでいるという背景と相まって、本当に「スタイリッシュ」。本物のフレッシュな存在感にほれぼれする。
本気系スポーツアイテムは手軽で気軽なのがいいけれど、こちらがそのまま真似したら大やけどまちがいなし。だから、上質な素材と洗練されたテクニック、モードなエッセンスも香るアイテム選びで、自分らしく“スポーツな気分”を。キーアイテムはファーのキャップと、テクニック満載、でもクラッシックな趣のスニーカー。上質をベースにしたフレッシュな小気味よさが、なんとも楽しい今回だった。

CAP/  KARL DONOGHUE(カールドノヒュー)

TOP/  CHRISTIAN WIJNANTS(クリスチャンワイナンツ)

BOTTOM / FORTE FORTE(フォルテフォルテ)

SHOES / HIDNANDER(ヒドゥナンダー)