Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.12.24

Note For You

RAG&BONE(ラグアンドボーン)

ここ最近はファインダー越しに製品を見る機会がぐっと増えた。肉眼よりも、製品の良し悪しというか持ち味が鮮やかに見えてくるから、改めてレンズのちからってすごいんだな、と思う。携帯のカメラやアプリの進化もすごいけど(スゴすぎてついていけない…)、個人的には一眼レフの、味わいやゆらぎが写り込んだ写真のほうが全然好きだ。

撮影中ファインダーを覗き込むたび、へえいいな、かっこいいな、こんなの着てみたかったんだよな、と思うのがRAG&BONE(ラグアンドボーン)。今回着たうち、ジャケットとインのTシャツがそうだ。ハンガーに掛けられて静かに並んでいるラグの服たちは、シンプルといえばシンプル、でもどこか素っ気なく見えたり、そういや似たようなの持っていたな、と思わされたりもして、ウィッシュリストの一番にはなかなか上がってこないかもしれない。
レザージャケットにTシャツ___いわゆる「日常着」だと思う。カジュアルだし無骨に見えるけど、着ればその中心に繊細でしなやかな心づかいが潜んでいるのがわかる。それを着るひとの、味わいやゆらぎを映し出して、「特別」にしてくれるのがわかる。街ですれ違う誰かを振り向かせるちからがある___RAG&BONE(ラグアンドボーン)って、そんな服だと思っている。