Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.11.23

Note For You

WRINN (リン)

ハイライズのボトムの登場によって、トップスのバランスはクロップ丈になったり、ウエストを強調するタックインスタイルが黄金バランスになっていたこの頃。ファッションを新鮮にみせる一番大事なことは、まずはバランスを変えてあげることだと思っていますが、それに加えて特に今シーズン感じているのは、アイテム一点の主張に頼らずに、レイヤードすることによって生まれるスタイルが新鮮だということ。

WRINN(リン)のロングカーディガンはふっくらとした風合いと、しっかりとしたレングスでアウターとしても楽しめるのが魅力のアイテムです。たっぷりとしたボディラインで、そのままゆったりと着こなすのもいいのですが、タイトに着こなせるようにボタンがダブルの仕様になっているところも斬新なデザインとなっています。TICCA(ティッカ)のロングブラウスに重ねて今回はスタイリングしていますが、ポイントはKARL DONOGHUE (カールドノヒュー)のジレを間に絡めてレイヤードしているところ。コットンのブラウスと、ラムスキンのジレ、ウールのロングカーディガン。異なる3種の素材をかけ合わせたレイヤードは、それぞれはシンプルですが、足し算してあげることによって新しいスタイリングに昇華します。

レイヤードしてひとつのコーディネイトを完成させるのは、個性的な一点を際立たせることよりも、今もっとも求めているスタイリングの気分だなと、あらためて感じさせられた今日でした。