Blog

スタッフがお届けする最新ジャーナル
フォーカスアイテム、着こなしのポイント、バイイングトピックスなど、RIVERUSの考えやこだわりをご紹介

2021.10.30

Note For You

LAUREN MANOOGIAN (ローレンマヌーギャン)

以前にも何度かお伝えしてきたのですが、スタイリングに変化をもたらすには、コーディネイトの軸となるボトムに新しさを取り入れるということ。色や素材、シルエットと変化を加える要素はいろいろあるのですが、今回ご紹介するのは、LAUREN MANOOGIAN(ローレンマヌーギャン)のニットパンツ。

ニューヨーク、ブルックリンでデザインされ、ベビーアルパカの産地ペルーで生産されるLAUREN MANOOGIAN(ローレンマヌーギャン)のニット。カシミアよりも暖かく上質なものも多いベビーアルパカを贅沢につかって、数あるアルパカをブレンドすることで微妙な色の差を表現しているこちらのブランド。

質のよい素材そのものを楽しめる肌触りはもちろん、特におすすめしたいのはこのシルエット。裾のリブも緩やかにデザインされていて、落ち感がとても絶妙。ニット素材や裾を絞ったデザインに抵抗のある方にもぜひ試していただきたいアイテムです。

今回は、LAUREN MANOOGIAN(ローレンマヌーギャン)同様に、クラフト感を感じさせてくれる、GALLEGO DESPORTS(ギャレゴデスポルト)のウォッシュのきいたシャツ、DENIS COLOMB(デニスコロン)のストールを合わせた、それぞれが持つ特有の質感を大切にしたスタイリングでリラックス感あるムードに仕上げています。ポイントは、リラックス感がルーズにならないようにポインテッドトゥでシャープに見せるところ。時には、パンツをきれいめなコーディネイトのはずしのアクセントとして取り入れるのもおすすめです。

履くだけでコーディネイトにリラックス感をもたらしてくれるニットパンツ。大人の女性が取り入れられるボトムの変化で気分を一新したスタイリングを楽しんでみてください。